カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
デジカメのセンサーは物理的限界に近づいている?


IRのオリンパスインタビュー:「センサーが物理的限界に近づいている」(4/3ROOMSより)


以下記事一部意訳

”彼は5年後に新しいオリンパスカメラがE-M1IIよりも4倍強力になること考えています(たとえば、8Kの場合はこれが必要です)

センサーがノイズや感度の点で改善できるかどうか、「私は今、ノイズレベルに関して、物理的限界に近づいていると思います」と答える。

だから、現在のセンサー技術は大きな飛躍ができないように見える。しかし、私はかなり新しいことが将来起こることを確信しています。3層センサー、グラフェンセンサーなどのようなものは、まだ私たちに大きな改善をもたらす可能性があります。”


意訳以上

進化を続けてきたCMOSセンサーもそろそろ頭打ちなんでしょうかね、まあ最近の新製品の感じを見てるとそんな気もしてましたがだとするとここ数年のカメラは「買い」ですね。ひとつの技術的頂点にあるわけですから陳腐化しにくく長く使えるんじゃないでしょうか。

多分

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
『オリンパス、「OM-D E-M1 Mark II」を年内発売』で、撮影サンプル画像ももう出たよ!(55枚)


オリンパス、「OM-D E-M1 Mark II」を年内発売(デジカメWatch)

オリンパス株式会社は「OM-D E-M1 Mark II」を12月下旬に発売する。価格はオープン。ボディ単体の店頭予想価格は税別22万円前後の見込み。本稿執筆時点でレンズキットの設定はない。

9月のフォトキナ2016で開発発表された最新フラッグシップ機。日本でも発売時期と価格が決まった。最終仕様もあわせてお伝えする。”


前々から気になってたんだけど最近新型に「マーク2」ってつけるの流行なの?昭和脳のおじさんはマーク2っていえば「トヨタMark II」ですよ、はい。

まあ関係ない話はおいておいて、進化の度合いはともかく形が今っぽくなってきたね、特にグリップ部。もうフィルム時代のOMの雰囲気ないんじゃね?そんでこれだけ形が変わって性能的にフルモデルチェンジ(オリンパス談)なんだからEM-2でもいいんじゃないかとこれまた思うが、あ、いや、オリンパスは数字が増えると下位機種になるのでEM-0?それともEM-1.1?まあこれも余計なお世話ですね、わかってます。

さて肝心の実写サンプルだがこちら

Olympus E-M1 Mark II Iceland sample gallery

ざっと見ただけだけど星夜写真でのノイズの少なさが結構凄い(ように見える)まあ撮影場所がアイスランドなので熱ノイズも少ない点を考慮する必要はあるがそれよりもWeb上のサンプル画像で等倍表示もできないのであまり詳しいことはわからないというのが正直なところ。

とはいえ今時のカメラだから普通に凄いとは思うけどね、テクノロジーって素晴らしい!



にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
オリンパスE-M1 Mark IIが9月19日に発表されるる、かも?


例の43rumorsにオリンパスE-M1 Mark II に関する噂が掲載。

(FT3) E-M1 Mark II will be announced on the 19th of September?

英文ページなのでざっと要約すると

・あるソースからこの噂が提供されたので現在信頼できる筋に確認をとっているところだ

・以下はこれまでにわれわれの情報源から得たオリンパスE-M1II仕様リストです。

-オリンパスによって設計され、ソニーによって作られた20MPセンサー
-4K動画
-デュアルSDカードスロット
-手持ちハイレゾ
-はるかに改善されたオートフォーカス性能
-新型高解像度EVF

・9月中のフォトキナで発表予定
・グローバルシャッターは見送られたが無視できるレベルにローリングシャッターを減らしている。

というところか

まあ目新しいところは特になく細部ブラッシュアップの正常進化版というところかな。

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
オリンパスの原点OLYMPUS 35が格安でヤフオクにあった話


余っていた標準ズームをヤフオクで処分しようとして久しぶりにのぞいたらオリンパス 35 aが1500円の捨て値で売られていたので入札してみたらライバルも無くあっさり落札。あまりに安かったので説明をあまり読んでなかったのだがよく見ると巻き上げノブ不動のうえ裏蓋も開かないとある(笑)

まあ写真で見る限り比較的キレイな個体なのでカッコいい文鎮にはなるなと、それにオリンパス 35 aが1500円なら文鎮でも悔いなし。

届いてみて確かに巻き上げノブ不動だったがいじってるとメカ的な故障の感じじゃない。はっきりいって中になにか入ってる、まあもちろんフィルムだとは思うが。

中にあるフィルムに何が映ってるか結構ワクワクしたので巻き戻しを試みたが巻き戻しノブも不動なので巻き戻せない。仕方なく裏蓋をあけることを決意。さてこのカメラはたしか底に裏蓋をあけるねじがあったなと思い見てみるとやはりあった。

蓋が開かないと書いてあったのでもちろんこちらもすんなりと回るとは思わなかったがやはり素手では回らない。仕方ないので傷つき覚悟でラジオペンチでくわえてまわしたら意外と簡単に回った。

あけてみてびっくり、普通のフィルムではなく古式騒然とした真鍮製の詰め替え用パトローネに入ったフィルムが出てきた。

それも最近のペラペラの詰め替え用パトローネじゃなく1936年発売の真鍮製ライカ、コンタックス用のパトローネフィルカだった。話には聞いたことがあるが現物を見るのははじめてだ。もしかしてこっちのほうが価値あるんじゃね?と思ったり。しかしこのタイプの詰め替えパトローネを今使ってるのはよっぽど酔狂かもしかして何十年も不動のままどっかに眠っていた品なのか、そう考えるとなおさらフィルムに何が記録されていたか気になったがまあ今となってはどうしようもない。せめて暗室であければよかったかな。

そんなわけで労せずして実働オリンパス 35 aとパトローネフィルカが手に入った。

しかしヤフオクで改めて見てみるとオリンパス 35は実働品でおおむね3000円前後で取引されている。最後のクラカメブーム2000年初頭には動くだけで数万円の値がついていたと思うのだが今やもうフィルムカメラなどだれも見向きしないのだなきっと。まあ我々好き者にはいい時代のような気もするが一抹の寂しさはあるな、うん。

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
マイクロフォーサーズシステム規格に5社が新たに賛同


マイクロフォーサーズシステム規格にザクティ、ナックイメージテクノロジー、Meitu、Autel、3dbの5社が新たに賛同(オリンパスニュースリリース)


マイクロフォーサーズ、結構嫌いじゃないのでどんどん活性化してもらいたい。

ただ元サンヨーのザクティ以外ちょっと微妙かな。

しかし裾野が広がればレンズ専業メーカーももう少し本気出してくれる。。。といいな。
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
オリンパスPEN-Fの新しいリーク画像が4/3RUMORSに掲載


(FT5) First real world images of the new PEN-F !!!(4/3RUMORS)

上記リンクを見るとかなりゴツいというかクラシカルというか、嫌いではないというかかなりカッコいい。最初にリークされたときの画像はブラックボディでオプションのグリップが付いていたのでそれと比べるとかなり印象が変わった感じだ。

しかしここまでやるのなら軍艦上のダイヤルはモードダイヤルじゃなくSスピードダイヤルにしてほしかった所だ。そこを決断できないところがオリンパスというか日本メーカーの限界のような気がするがどうだろう。

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
オリンパスPEN-Fは1月27日に発表される。。。のか?


(FT5) New Olympus PEN-F will be announced on January 27!(4/3Rooms)

上記のサイトフォーサーズルームによると1月27日にオリンパスが新型のPEN-Fを発表すると書いてある。PEN-Fには噂通りEVFやソニーの20MPのセンサーがつくよとも書かれているがCESでお披露目されなかっただけに本当にこのスケジュールで出たならどういう広報戦略なのかちょっと謎。まあそんなことはどうでもいいんですがね。

しかしオリンパス、往年の名クラカメの名前を臆面も無くそのまま使う戦略続くねぇ。これが元カメラの哲学を受け継いでるなら好感も持てるが初代デジペンの頃からオリンパスの製品に関してはそれが感じられない。まあただの販売戦略の一環だといわれるとそれまでだし別に悪いカメラでもないしね、それにこのフルサイズ全盛時代においてパナソニックとともにフォーサーズの活性化に貢献し続けてくれてるのは正直ありがたい。

いっそのこと一部の間で噂されている縦型センサーで出してくれればかなりウケる。全く技術的な意味はなく酔狂でしかないのだがやったら見直しちゃうよオリンパス(個人的見解)
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
あのソニーの変態カメラ「QXシリーズ」にまんま同じコンセプトのカメラをオリンパスが出す


スマホ連携レンズ交換カメラ「OLYMPUS AIR A01」(デジカメWatch)

このジャンル危なっかしくてソニーしか手を出していなかったのだがとうとうオリンパスが出した。

ソニーマウントよりマイクロフォーサーズマウントの方が普及していると思うのでそういった点では有利かもしれない。

機能的にもマニュアル露出が設定できるという点でQXシリーズより一歩進んでる感じはする。自分ももう少し値段が下がれば食指が動きそうだ、スマホにつけられるということよりスマホにくっつけなくてもスマホから操作やライブビューができるというところに利用価値がある。たとえば軽さを活かした天体用の直焦点撮影の機材として使うとか。

しかしオリンパスの筆頭株主であるソニーと同じような商品を出してソニーに怒られないのだろうか(笑)まあ邪推をするならソニーがレンズスタイルカメラの活性化のためオリンパスに「おい!おまえのところも作れ」と指令したのか?などと考えてしまうがどうだろう。元々ニッチな市場だと思うので共倒れにならなければいいが。



にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
オリンパス、デジカメ4期連続赤字の衝撃


→オリンパス、デジカメ4期連続赤字の衝撃

まあオリンパスに限ったことではなくニコンやキヤノンも芳しくない状況らしいが、これは作ってるカメラがどうこうというより消費者が賢くなったということだろう。今時最新型を買わず一世代前の機種を中古で買っても性能的に全く困らないというだけ性能が飽和点に達したということだ。

おまけにデジタルカメラは昔のカメラと違ってPCと同じ使い捨てだ。劣化していく撮像素子は交換できないのだから使い捨てと考えていい。(10年たって撮像素子だけ交換する意味はおそらくない)


さらには中古でなくても発売から半年も我慢すれば値が崩れるものに利口な消費者なら発売直後に大枚はたくまい。


にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
新型オリンパスPENはフィルムカメラPEN Fにさらに似た形になる


Photo Rumorsに次のPENに関する噂が載っていました。
The next Olympus PEN camera

これによると新型PENはフィルムカメラのPEN Fに似たデザインになりファインダーも搭載されるかもしれないとある。

OM-Dの好調にのっかってPENも懐古調にさらに磨きをかけるようです。


あれかな、車に例えるとシェルビーコブラの偽物みたいなもの?(ちょっと違うか)とにかくオリンパスにはデザインチームはないのだろうか。こんな盆栽カメラばっかり出していると米谷さんが泣くぞ。


にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます