カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
キヤノンが新型ミラーレスカメラEOS M6を発表! 性能はハイエンドに肉薄?


一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS M6EOS概要

ミドルクラスミラーレスとして昨日発表されたEOSM6。

ミドルクラスと銘打っているが先日発売されたミラーレスフラッグシップM5とほとんどスペック上の差はない。大きな違いは、タッチ&ドラッグAF、ダイヤルファンクション、ファインダーが付いていないところくらいだ、あと若干大きさが小さいくらい。

まあこの差をどうとるかが判断の分かれどころだと思うがタッチ&ドラッグAFは地味にべんりなのであったほうがよかったかも。ファインダーはこのクラスなら無くして正解、必要な時は外付けファインダーで対応。それにこのファインダーがクラシカルでカッコいい、丸形でフォクトレンダーあたりの丸形光学ビューファインダーを彷彿とさせるこのフォルム、着せ替え感覚で楽しむのもまた一興なり。

最近どのメーカーもカメラにメカとしてのクラシカルな重厚感あるデザインが流行りのようで、エルゴノミクス系デザインの好きなキヤノンもカチッとしたクラシカル系のデザインで出してきてなかなかこれもカッコいい。

しかしそれに対してNikonのミラーレス軽視。これが将来企業の明暗をわける、ようなことにならなければいいのだが。





にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
マジか!EOS-1D X Mark IIは「無限連写」ができるほど進化してるのか!?


まあグダグダ解説するよりまずは下の記事を見てもらおう

EOS-1D X Mark IIで「無限連写」ができるって本当?(デジカメwatch)

いやもうなんか普段仕事ではほぼ連写することがない上に一世代前の機材がほとんどなのでたまに気まぐれで連写して数十枚でバッファがいっぱいになり連写速度が激落ちしても「まあこんなもんだよね」って思っていて気にもならなかったが使う使わないにかかわらずこりゃすごい。

しかしこれEOS-1D X Mark IIがすごいというより新世代記録メディア「CFast」が凄いんだね。とはいえ現状でこれを使えるカメラはEOS-1D X Mark IIだけらしいのでカメラもえらいんだな、きっと。

ニコン派には「XQD」を使えばいいらしいがNikon一眼、たとえばD500はカメラ自体に連写制限があり200枚で打ち止め。とはいえバッファがいっぱいになっても200枚ノンストップで打てるなら実用上は充分な気もする。

「XQD」とD500の使用レポはこちら

うん、なるほど子供の撮影ね

昔々連写といえばモードラつけてフィルム連射してた時代にとある仕事でご一緒したスポーツ系のカメラマンが人物撮影でもガンガン連射しててちょっとカルチャーショック。スポーツ撮らない連中はポートレートを連写で撮ると「いいカットはコマ間にあることが多い」などというカメラマンあるあるのため使うことはほぼ皆無だったな。モデルも驚くしね。

今はフィルム代もかからないので人物でも積極的に連写はありかもしれないが、自分の子供やペット程度だったらパナソニックの4K動画切り出し機能でいいんじゃねなどと思ってみたり。画像も4Kだと800万画素と充分ある上に一秒間に30連射だしGH4ならミラーレスだからもちろんレンズ交換もできる。

いや、いつもながら余計なお世話なんですが。






にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
ちょいクラシックデジカメCanon G1Xを入手した話


2012年発売なので時の移ろいの激しい昨今、これをクラシックデジカメと呼んでもまあ差し支えあるまい。

入手した経緯はとある方から譲り受けたもので前から興味があったカメラだったからかなり心弾んだ。さっそく開封して手に取ったが電池が入ってないのにずしりと重い、グリップを握ると手に吸い付くようなフィット感、やはりカメラはこうでなければ。最近は軽さと小ささを誇るカメラのオンパレードだがたまにはこういうカメラもいい、使って心地よい緊張感がある。

コンデジと呼べる大きさではすでにないがそれを補ってあまりある画質のよさは各所で語られている通り。ただ細かい設定をして最適化しようとするとコンデジライクな部分が多少目につく。例えば絞り優先モードのとき最低シャッタースピードの設定ができないとかISO感度が12800まであるのに感度をAUTOにすると1600までしか使えないとか、画質的には3200と言わず6400でも大伸ばししなければ使えると思うのだがそのへんの設定自由度は多少融通がきかないように感じた。

よく言われているAFの遅さだが手近にあるカメラだとGR3と同等、ルミックスGX1+VARIO14mm/42mmよりは遅いという感じ。GR3と同等なのでそれほど不満は無い。ただし被写体にあまり近寄れないので料理などのテーブルフォトはやや苦手だが一眼レフを使い慣れていればマクロレンズを使わなければ寄れないのはあたりまえなのでそれほど違和感は無い。

操作系は何と言っても露出補正ダイヤルがアナログで軍艦上部に実装されているのがいい。いちいちボタンでで呼び出して画面操作するのはやはり面倒だ、欲を言えばG12についていたISOダイヤルも実装してほしかったのだがやや残念。

ファインダーはCanonの伝統?のビューファインダーがついているがこれは昔からただ見えるだけレベルのファインダーでこのG1xでもその例に漏れずあまりよくない。まず倍率が低いため見にくい、そして可変ファインダーなのに視野率があまりに低い。なのでこれを使って撮影するのはあまり気持ちよくないのでGR用のGV-2ファインダーを付けてみたがなかなか具合がいい。G1Xは電源オンにすると画角は自動的に28mm始まりとなるので電源オンでさっと撮るスタイルだとGV-2ファインダーの画角にぴったりでかなり使える。とはいえやや遅めのAFと大振りのボディのせいでストリートスナップに強いとはお世辞にも言えないのだが設定ダイヤルに絞りF8固定焦点距離3mのマニュアルフォーカスに設定して呼び出せるように設定しておけば昼間の屋外ならそこそこ速写ができるようにはなった。

といろいろ書いたが総じてバランスのいいカメラであることは間違いない。良くも悪くもキヤノンらしいカメラであった。


ところで最近価格.Comで値段を見てみたのだが何故か新型のMark2と値段の逆転が起こっている。11/11現在
PowerShot G1 X→最安値59500円
PowerShot G1 X Mark II→最安値58140円

どういうことか?謎
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
1.2億画素のEOSがCanon EXPO 2015に登場。。え?1.2億?


Canon EXPO 2015に「1.2億画素EOS」が展示 (デジカメWatch)

いやーAPSサイズで1.2億ですよ。試作段階にしてもあのEOSのボディにおさめたところがなんというか凄い。

と思って感心してたら下のほうの記事には「APS-Hサイズ、2億5,000万画素のCMOSセンサー」というのがあっていやはやどこまでいくのか。

その他にも立体プリントや興味深い記事が満載だが残念なのはこのイベント一般人の入場不可ということ。うーん、行ってみたい。
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
PowerShot G5 X 10月22日発売。。。2とか4はどうした?


キヤノン、EVF搭載の1型コンパクト「PowerShot G5 X(デジカメWATCH)

まあスペックなんかは上記リンクをみていただくとしてこの「X」シリーズの番号の付け方ちょっとかわってるよね。Gのあとのナンバーは固定で新しくなったら末尾にGX1のようにマーク2とかつけていくのだろうか、いいアイディアかも。最近のカメラは回転が速いので番号かえてたらあっと言う間にXのつかないパワーショットシリーズとカブリそうだし。

しかし一応コンパクトカメラのくくりなのにペンタ部つき(すでにペンタプリズムは入ってないが)のデザインはいかがなものか、と思うのだがこれまた余計なお世話か。
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
キヤノン パワーショットG1X、Mark2の憂鬱


過去にパワーショットG1Xを絶賛する記事を書いたことがあるが、今回CP+で出たこのパワーショットG1X Mark2はいただけない。

なにがよくないというとそれはダイヤルの機械操作が大幅に減ってしまったことだ。

パワーショットシリーズといえば背面液晶に頼らずともダイヤルで露出補正が変更できたり実像式光学ファインダーなどが、他社のハイエンドコンパクトカメラと一線を画していてかなり好印象だったのだが、今回のバージョンアップでそれらがばっさり無くなってしまった。

これではCCDサイズがAPS-CになったGRが出た今となっては1.5型CCDもそれほどインパクトが無い上に、パワーショットの売りとも言うべき露出補正専用ダイヤルや実像ファインダーも無くなったとなれば魅力は皆無と言っていいのでは無かろうか。

特に撮影前にいちいち液晶を見なくても素早く露出補正が出来る露出補正ダイヤルは無くしてはいけないものだったとおもうのだが。

まあいわゆる大衆にやさしいキヤノンらしい進化の仕方といえばそれまでだが、今までそうならず実直に「表現者」のためのカメラとして進化してきたパワーショットシリーズの名を冠するならこういう安易な迎合的改悪はやってほしくなかったな。


にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
キヤノン、4470万画素の中判フォーマットカメラを計画中?


Rumors on 44.7 MP Next EOS-1 and Medium Format Cameras

そうくるか!キヤノン

上のリンクの海外のカメラニュースメディアCamera News at Cameraeggによると、キヤノンが2014年もしくは2015年の映像関連総合見本市フォトキナで、中判サイズのセンサーを用いた次世代EOS-1を発表するかもと書いてあるが、EOSなんだ。別系統のカメラではなく。

画像を見るといかにもキヤノンらしい謎?の造形だが、これはこれで好感が持てる。世界的に135フォーマット以下の一眼カメラは商業的に頭打ちのようなので、中判に進出するというのは正しい方向性なのかもしれない。

しかし中判の経験も無ければレンズ資産も無いのにチャレンジャーだね。いや、過去にX-Ray Canon CX-60という特殊な(医療用)の中判カメラを作ったことはあるらしいがどうなんだろう。

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
キヤノン 370グラム“世界最小最軽量”のデジタル一眼レフ「EOS Kiss X7」

キヤノン 370グラム“世界最小最軽量”のデジタル一眼レフ「EOS Kiss X7」
ボディ重量370グラム。APS-Cサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフとして「世界最小最軽量」の「EOS Kiss X7」がキヤノンから登場する。

(ITmedia)

こうなったらもうミラーレスでいいんじゃね?っていうか商品サイクル早っ!

一応このカメラの想定ユーザーは初心者らしいから、オリンパスOM-Dみたいな偽ペンタ付きのミラーレスでいいんじゃないかと思う。最近のEVFは性能いいらしいし。いわゆる初心者がOVFにこだわるとは思えないのだがどんなもんでしょうかね。

もしかしたらレフレックスカメラの小型化に対する市場の反応を見るためのスケープゴートで、あっという間に次の機種?

ありえるな観音さまなら

きょうの撮影場所
大きな地図で見る
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
キヤノン「PowerShot N」の初回予約分がすべて終了


キヤノン「PowerShot N」の初回予約分がすべて終了

 キヤノンが12日10時に予約受付を開始したコンパクトデジタルカメラ「PowerShot N」の初回予約受付分が、同日14時20分現在すべて終了した。同モデルは直販サイトでのみ販売する。


だそうだがこのカメラ直販サイトのみの販売だったのね。そして受付可能台数(非公表)というところがまた憎い(笑
このニュースで話題作りをして4月25日の通常販売前に盛り上げようというのが見え見えだが、やっぱキヤノンは商売上手だねぇ。

某メーカーも少し見習った方がいいんじゃないかな。


今日の撮影場所

大きな地図で見る
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
キヤノンEOS-M 無料貸し出しキャンペーン


キヤノンミラーレスEOS-M無料貸し出しキャンペーンがあるらしい。2/14〜4/24の間で先着順。

もう第一回目の申し込みが始まってるから初回貸し出しは厳しいかな。










にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます