カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
今日のコネタ「ホンビノス貝」ってなんだ?


このあいだから西友の貝コーナーに「ホンビノス貝」という見慣れない貝がいつも見切り品になってて気になっていた。見た目はハマグリそっくりなのだがやはり不思議な名前なのでみんな敬遠するのだろうか?

かくいう自分も調べるまで得体の知れない名前なのでおそらく近場で繁殖している外来種だろうと見当をつけていたのだが。。はたして調べてみるとやはりその通りだった。

原産はカナダで1998年に初めて東京湾で確認されその後千葉近辺では潮干狩りができるほど定着しているらしい。拙僧恥ずかしながら貝好きを標榜しているにもかかわらず最近まで知りませんでした。

最初は大アサリとして売り出されていたらしいが食材偽装問題との関連でホンビノス貝と称されるようになったらしい、いやこの名前もなんだか日本で勝手につけたらしいですけどね。本当は「本美之主貝」と書くらしい、完全に当て字ですね、DQNネームかい!

味はというとアメリカ・カナダでは重要な海産物に指定されているほどなのでおいしいらしい。あの有名なクラムチャウダーは本来この貝で作るらしい、アサリじゃなかったんですね。

こんど食べてみよう。

繁殖力が強いのに比較的他の生物と生存地域を奪い合わないらしいので乱獲でほぼ全滅してしまった瀬戸内海のあさりのかわりにこの貝が繁殖してくれるといいななどと考えたりしたりして。あ、勝手に種貝まいたりしたらやっぱりダメですかね、ダメですよね。はい。
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
阿佐ヶ谷パールセンター蒲重かまぼこ店、おでんの巻


阿佐ヶ谷はパールセンターの中程に昔からやっている蒲重かまぼこ店という練り物屋がある。

創業は昭和11年のこの店、一年中おでんが食べられる店として阿佐ヶ谷っ子のあいだでは有名だ。そのおでんもほとんどのネタを店で手作り、手作りで差が出ると言えばやはりさつま揚げだろうか。ココのさつま揚げはつなぎに卵白を使っていないのにしっかり練り込んであるのか滑らかさと歯ごたえのバランスがなかなかよい。自分は四国の漁師町出身の田舎者なのでこのさつま揚げはやや上品すぎて物足りないような気もするがやはりこれはこれで美味しい。

生まれも阿佐ヶ谷で40年以上阿佐ヶ谷に住む友人のS氏に言わせると「こどもの頃から味が全く変わっていない」そうだ。小学生の頃はよくは練り物というとここにお使いに行かされたらしい。

ケータイ屋と薬屋に浸食されつつあるパールセンター商店街、こういう隠れた名店は無くならないでほしいものだ。


【蒲重かまぼこ店】
営業時間 : 午前9時から午後7時30分
定休日: 水曜日
住所 :東京都杉並区阿佐谷南1-47-10
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
コーンドビーフとポテトチップあるいは天国への階段
α900


昨日は例の姉妹店で仕事のプレゼンをした

ひとしきり仕事の話をしたあとは勿論宴会だ。ジャコ豆腐から始まってホタルイカの網焼き、ラフティー、揚げ手羽先、水餃子。八海山のお湯割と意表をついて血まみれメアリー、自分はといえば風邪の為参鳥井烏龍茶の温仕立を所望。薫製の話になりダッチオーブンとウッドチップの親和性と相関性について議論。結局スモークウッド最高という結論を得大円談。その後スキューバダイビングと温暖化の恩恵もしくは珊瑚の北上について討論。話は変わって新宿まで自転車で出かける事についての形而上的かつ表層的見解についてアジるも賛同者無く猛省を鑑みる。冷静になり回りを見回すとと他の客は子供のような客ばかりだ。自分も若くなったように感じ頗る気分が良いが戯れにiphoneで自画像を撮影し現実に打ち拉がれるも老人力ゆえにすぐ忘れ気分よく店を出る。店のママに「良いお年を」といわれハテ今日は何日だったかと愚考してるうちに店の外に押し出される。

追記:ポテトチップスとコンビーフを一緒に食べると天国の味がするらしい

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
高円寺と気象神社
RICOH R8
ISO100
F5.0
1/125


高円寺に「気象神社」というものがある

高円寺南の氷川神社内にあるのだが
先日を散歩していたときに偶然発見した

小さな社しかなく参道はともすると
見落としてしまいそうなぐらい目立たない


調べてみると東京都杉並区馬橋4丁目にあった陸軍気象部内に作られた神社で
1948年に氷川神社内に移されたらしい
馬橋4丁目というと馬橋公園という比較的大きめの公園があるところで
1980年まで陸軍気象部解体の後できた気象研究所があった


この気象神社さらに調べてみると
氷川神社の隅にかなりこじんまりとあるにもかかわらず
気象神社単独のウェブサイトはもちろん
http://www.kisyoujinjya.jp/
「てるてるshop」なるウェブショップまであり(笑
http://kisyou.ocnk.net/
おすすめは携帯型ソーラー熱中症計だそうだ

そして実際に気象神社まで行くと
お守りとおふだ、そして絵馬まである
ちなみに絵馬は下駄の形だ

やはりこれは下駄の天気占いにかけているのだろうか(笑


もしあなたに
明日の天気で人生を左右されてしまうようなことが起こったら
ぜひ行ってみることをおすすめする


(もちろんご利益のほどは保証できないが)
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
豆腐と夏の自由研究
RICOH R8
ISO-100
F5.0
1/125

阿佐ヶ谷には豆腐屋が多い

おそらく良質な地下水が浅井戸で手に入っていたからだろう

杉並は国分寺のハケからつながる湧水や地下水脈が豊富で
23区では練馬や世田ヶ谷と並んで上水道の整備がかなり遅れた

今でも駅の側にある釣堀は23区内で唯一地下水を使う釣堀だし
うちのそばにある○◯豆腐店はいまだに地下水で仕込んでいると聞く

しかしさすがに今となっては杉並に湧水は無いだろうと思っていたら
ある情報筋からありますよと言う話を聞き行ってみた

場所は訳あって書けないが
水フェチ仲間(笑)の友人とハンズで購入した簡易水質検索キットを手に
自由研究よろしくある暑い夏の日に行ってみた




それは確かにあった

まるで雨水排水のように(笑




友人と恐る恐るその水をとり
水質検査キットでCODやリン濃度を調べて
雨水排水や生活排水ではないことを確認して
ボトルにつめて帰りましたよ

そして念のため煮沸消毒をして(夏だったため)
飲んでみた!


味ですか?

そのまま飲んだ水はドキドキして味なんかわからなかったが
そのあとにその水でいれたコーヒーは
心なしかいつもよりまろやかな味を感じた様な気がした


にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます