カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
【今日は何の日】オカマの日


今日はどうやら【オカマの日】らしい

なんじゃそりゃ?と思い調べてみたらけっこうまじめな日だった。

てっきり2丁目のオカマどもが勝手に作ったのかと思いきや「TSとTGを支える人々の会」という、性同一性障害を支援するグループが正式に制定したものらしい。

なにをするのかというと(多分TSとTGを支える人々の会が考えたわけじゃないとおもうけど)

1)釜飯を食べる

これはもう説明不要ですよね(笑)お釜→オカマ

2)アンパンを食べる

なんじゃそりゃ?とおもったけどどうやら4/4日は「アンパンの日」でもあるらしいのでこじつけ的?な?感じか。


まあ今日はとりあえず例のオカマバーへ行くしかあるまい。アンパンもって。


にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
タバタでダイエットはできない! 1年続けてみてわかったこと。
19039046173_421e710313_o.jpg

一年前から始めてみたタバタトレーニング。地味ーに続けて一年間経った。

最初からダイエット効果はめったく期待してなかったがウエスト周りは8Cm短縮、腕周りと胸囲はともにアップ。

体重はと言うと

2kの増加w

まあ今までがほとんど運動してない座り仕事だったので緩みきってた体の脂肪が筋肉に変わって体重がアップしたようだ。

これをダイエットと呼べるかどうか、難しいところだがもともとこういう結果を予想してたので満足ではある。

世の中ではタバタがダイエットに効果があると謳ってるサイトが多いようだが本家では一言もそういう話はしてないしそもそも筋肉のパフォーマンスをアップするためのトレーニングなのだ。

だいたい4分のトレーンングに脂肪燃焼効果はなかろう。

まじめにやればやるほどムキムキになって体重は増えていく(はず)

ただ筋肉量が増える事により脂肪の燃焼効果がアップしてよっぽど脂肪の多い人は体重がやせていく事もあるだろうが、脂肪燃焼が落ち着いたあとは自分のように増えていくんじゃなかろうか。

体重を減らす事をダイエットと呼ぶなら微妙な感じは否めないが自分のように短時間のトレーニングで筋肉量をアップさせたい人にはうってつけなことがわかった。

何と言っても一日4分だけで他にはいっさいなにもやってないうえに、あいかわらず一日中座りっぱなしの仕事でこの結果は驚くしかあるまい。


にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
「絵を描くのは僕の仕事なんだ、だから金のために絵はかけない」(男はつらいよ第17作より)
13553189284_47e21036d8_o.jpg

最近アマゾンプライムの「男はつらいよ」にはまってる。

表題の台詞は1976年7月24日の男はつらいよ 第17作「寅次郎夕焼け小焼け」である老画家の台詞である。

あらすじは割愛するが寅次郎と知り合いになった高名な老画家に寅次郎が金をだまし取られた(200万円)芸者を助けるためその画家に「あんたが絵を描いてくれてそれを売れば人助けになる」的な事を画家に言った時にその画家が寅次郎にいった台詞だ。

そしてこの台詞を聞いた寅次郎が全く反論しなかった。

まあ金のために仕事をするのがすべてではないと思うが、ここまできっぱりと否定されてさらに寅次郎も全く反駁しなかったのでちょっと混乱し巻き戻して2度見してしまった(笑

まあ結局なんのために絵を描いてる(仕事をしてる)という点はその後一切語られてなかったがもしかしたら70年代以前の日本では仕事は金のためにするものではないというのが常識だったのかもしれない。

ちょっと感慨深かった。


にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
明治「R−1ヨーグルト」ステマ問題勃発?


明治「R−1ヨーグルト」ステマ問題、タカトシも“毎日飲んでます” 在京キー局の疑惑番組を列挙(yahooニュース)

以下一部引用

”番組審議会の議事録にある編成局長、番組プロデューサーの「自白」で明らかになったのは、番組内でR-1の情報が盛り込まれることを条件に、明治がこの番組に「料金」を出し、かつ番組内で流れる「提供」社の中にも明治の名を入れない「ノンクレジットタイアップ方式」なる「ステマ」の方法である。”


いやあ、昔けっこう毎日飲んでましたよ。1年くらい続けて。

ほとんど効果が実感できなかったのでこの記事には妙に納得する。

そもそも冷静に考えればヨーグルトにインフルエンザにかからないほどの免疫力アップというそんな劇的な効果があるわけがないのだが、インフルエンザに効くという事の発端は有田共立病院(佐賀県有田町)の井上文夫院長が昨年8月に発表した研究結果だ。

有田町と井上院長は、2010年9月から11年3月まで半年間、明治から無償提供された「R−1」飲料タイプを、町内の小中学生約1900人に給食後1本、継続的に飲ませた。その結果、生徒のインフルエンザ発症率や欠席率が、周辺市町や県の統計の数値のわずか1割程度になったというものだが、医療エピデンスの観点から見ると信頼性は最低限らしい。

他のヨーグルトの比較対象が無い上に生徒がヨーグルト以外にインフルエンザに対して気をつけていたかどうかの記載も無い。R−1を提供された学校なり生徒なりが意識の変化で積極的に手荒いうがいなどを行っていたことは容易に想像がつく。

医学的エピデンスになり得ないというのは噂の発端となった井上院長も自覚されていたようでブームが過熱してくると以下のような苦言を呈している。

「私はR−1の持つ可能性を示唆しただけ。しょせんはヨーグルト。皆さんには冷静になってほしい」。

そう、しょせんはヨーグルトなのだ。それにそれほど効果があるのなら商売の種になる流行りの「トクホ」をとっても良さそうな物だが意外にもR−1はトクホをとってない。

確かにトクホの申請は金と時間がかかるが中小企業ならともかく明治という大企業ならそれはない。そもそも明治はあの超スタンダードヨーグルト『明治ブルガリアヨーグルト」でトクホをとっているので何をか言わんやである。


ちなみにR−1をやめたあと腸内環境を整えるためにやったのは「食物繊維」を一日20g以上にする事。

これは結構効いて今も続けている、毎日快便だ。腸の調子がいいと免疫がアップする(らしい)

具体的には米を麦飯に変えて納豆とオクラを常食、足りない時は難消化性デキストリンを飲む。

ちょっと耳なれないかもしれないがデキストリンというのはこれだ

難消化性デキストリン

ほぼ無味無臭で昔は食品の粘度調整などに使われてたらしいが食物繊維の豊富さから最近話題になっている。ちなみに自分はマンナンライフ 蒟蒻畑ララクラッシュ という商品を愛用してる、おいしいし手軽だしトクホだし。

まあなんでも採り過ぎはよくないと思うが日本人の胃腸環境改善はヨーグルトより食物繊維じゃないかと思うわけですよ、はい。


にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
2016年の「歴史的カメラ」9機種が発表


2016年の「歴史的カメラ」9機種が発表
フルサイズ機が5機種を占める コンパクトも1機種選定(デジカメWatch)



”一般財団法人日本カメラ財団が主催する歴史的カメラ審査委員会は12月14日、2016年の「歴史的カメラ」9機種を発表した。

選定機種と選定理由は以下の通り(引用)。選定機種に順位はなく、掲載は発売日順。

ソニー サイバーショットRX1R II
ニコンD5
キヤノンEOS-1D X Mark II
PENTAX K-1
SIGMA sd Quattro
FUJIFILM X-T2
ソニーα99 II
SIGMA sd Quattro H
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII

なお、2015年の選定機種は8機種だった。”


以上引用

まあニコンとキヤノンの一桁機はお約束としてシグマが2機種も入ってるのがちょっと驚き。

あとサイバーショットのRX1は強いね、モデルチェンジするたび選に入ってる感じ。

しかしα99兇△燭衂床舛任るほど日にちは経ってないので、使いやすさとかメカの完成度とかそういうものとはあまり関係ない選ではありますがね。



にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
フォトグラファー用27型AdobeRGBカバー率99%モニターが今や6万円台、だと?


27型で6万円台! コスパ最強のフォトグラファー向けディスプレイ「SW2700PT」(デジカメwatch)

”今夏、BenQが発売したハードウェアキャリブレーションディスプレイ「SW2700PT」は、パネルスペックをはじめとした性能の高さと、それに見合わぬほどの低価格によって話題を呼んだ。

本稿では、このSW2700PTの開発に携わったChris Bai氏と、アジア太平洋のビジネスラインマネージャであるIvy Su氏にお話を伺った。

SW2700PTとは

今年7月、突如として日本市場に登場したハードウェアキャリプレーション対応の27型ディスプレイ。2,560×1,440ピクセルのIPS液晶パネルに加え、10bit入力にも対応。Adobe RGBカバー率は99%を誇る。それでいて、現在6万5,000円〜7万5,000円程度で入手できる価格が魅力。

BENQ、Adobe RGBカバー率99%のハードウェアキャリブレーション対応27型液晶ディスプレイ”


ー以上引用ー

いやいやいや、今やこんな値段なのね。

7〜8年前に24型AdobeRGBカバー率99%モニターを20万近くの値段で購入した事を思うと隔世の感がある。

や、でもこのBenQっていうメーカーけっこういいんだよね。超安いのでサブモニターにAdobeRGBじゃないやつ事務所用に何台か買ったけど悪くなかった。というかお値段以上?

台湾のメーカーなので中国製より信頼できる、のかな。


そろそろメインディスプレイがキャリブレーションしてもいまいちになってきたのでちょっと検討してみよう。





にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
「Kindle雑誌99円均一セール」にカメラ関係本が大量出品キター!


Amazon.co.jpで「Kindle雑誌99円均一セール」、12月1日まで(yahooニュース)

”Amazon.co.jpは25日、Kindleストアにて「Kindle雑誌99円均一セール」を開始した。対象は、バックナンバーを含む雑誌やムックなど1344冊。セール期間は、12月1日23時59分まで。

 インプレス(128点)、リットーミュージック(18点)、山と溪谷社(76点)、八重洲出版(10点)、芳文社(2点)、交通タイムス社(10点)、笠倉出版社(13点)、三和出版(10点)、世界文化社(14点)、玄光社(39点)、主婦の友社(66点)、つり人社(28点)、ぶんか社(15点)、ゴルフダイジェスト社(129点)などの出版社のタイトルをラインアップ。インプレス刊行のタイトルとしては「デジタルカメラマガジン」と「DOS/V POWER REPORT」、その関連ムックなどがある。”


とのこと。この中で注目はやはりインプレス社関係のカメラ雑誌か?

検索してみてまだざっと見ただけだが、なかなか良さそうなのはこんなところかな。




その他にも色々あるが、いやあ結構凄いですよこのセール。

アマゾンが凄いのか雑誌社が凄いのか、日本では紙の本と電子書籍の値段がほとんど変わらないという世界的に見てちょっと変なこの状況を打壊するきっかけになるといいのだが、まあそうはならないんだろうな、きっと。
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
昔の給食にあった「ソフト麺」って今までただの柔らかいうどんだと思ってたけど実は全然違っててそもそも「うどん」じゃなかったことを今日知った件


どうでもいいことですけど出生地があのうどん県の横の県である自分はうどんにはそれなりの愛着と蘊蓄があるにもかかわらずスーパーにあるやわらかい流水麺うどんと「ソフト麺」は同じものと認識してた無知な自分に一抹の恥ずかしさを感じたのであった。

そもそもそれを知ったのは今日の毎日新聞の記事

<ソフトめん>「昭和」の人気給食、消える?

記事を読むと

”昭和の学校給食で人気だった通称「ソフトめん」が姿を消しつつある。うどんでもスパゲティでもない白い麺を、ミートソースなどに絡めて食べた人も多いのでは? このまま「遺産」になってしまうのだろうか。”

とあったので「いやいやフツーにスーパーとかに売ってるコシのないソフト麺だろ?」と心の突っ込みを入れながら読み進んだのだがふともやもやしたものが残り「ソフト麺」を検索してみた。

そしたらwikiにそのものズバリソフト麺があったので見てみて驚き、なんと製法や材料自体うどんとは違う別物らしいうえに名前自体も正式名称は「ソフトスパゲッティ式めん」、うどんじゃなかったんかい!。

以下wkiより抜粋

原料
一般的にうどんには中力粉や薄力粉が用いられる(うどんの項目参照)。これに対してソフト麺の原料は強力粉(フツウコムギ、学名: Triticum aestivum)である。ソフト麺は学校給食向けに開発されたもので、学校給食用のソフト麺には原料として学校給食用強力粉が用いられている[2](学校給食用小麦粉の一種)。この学校給食用強力粉は学校給食用小麦粉品質規格規程に基づいて強力粉にビタミンB1やビタミンB2を栄養素として添加して強化したものである[2]。

製法
ソフト麺は強力粉に食塩水を加えて混捏して麺にした上で一度蒸して表面を糊化させた上で茹でることにより製造している[1][2]。そのため、うどんや素麺に比べ伸びづらく消化がよい。また、表面が糊化し、かつ、中がやわらかいためスパゲッティ用途にもうどん用途にも適する。



いやもう2度びっくりですよ!うどんのくせにコシもないあんなものうどんとは呼べない!とさんざん我が人生で馬鹿にしてきましたがすみません、そもそもうどんじゃなかったんですね。この場を借りてソフト麺を開発された方々にお詫びさせていただく次第です、はい。



にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
【悲報】eye-fiの旧製品が9/16より使用不能に


「Eye-Fi X2 およびそれ以前の世代の製品をご利用のお客様へ」

カメラ好きなら知っている、SDカードからワイヤレスでクラウドなど外部機器に画像データを送ることのできるカードの元祖。

先日久しぶりにスタジオ撮影でなくロケ撮影に出たので機材は軽くFuji-X-E1にいつものEye-Fi pro X2を差して出かけ帰ってきてからPCでクラウドチェックすると全然転送されていない。何故か原因が分からずとりあえずカードを抜いて直接ダウンロードし事なきを得たのだが思い当たる節があったのでメールをチェックしてみたらあった、2ヶ月前にEye-Fi社から送られてきた「Eye-Fi X2 およびそれ以前の世代の製品をご利用のお客様へ」というメール。
いや、このメールが来たのは知っていたが、軽く斜め読みして「ふーん」くらいにしか読んでなかった。だってねえ、Wifiカード最大手で値段も数万円する最高峰カードが問答無用で完全に使えなくなるなんてちょっと想像しにくい。普通1年、いや最低でも半年くらい周知期間おくだろ!

まだこのサービスが出て数年しか立ってない上にアナウンスがあったのが7/16。たった2ヶ月の猶予で数万円のEye-fi proX2が文鎮化、いや、SDカードとしては使えるか。。。

最近は後発のFrashAirやカメラ自体にWifi機能がついたものに押されていたが、何も操作しなくても撮った画像がクラウドへバンバン転送されたりカードがいっぱいになると自動的に古いデータが削除されるエンドレス機能などeye-fiならではの機能が地味に便利だったのだ。

プロカメラマンとしては勝手に撮った画像がクラウドに送られるというのはバックアップデータを管理する上で実にストレスフリーだったのだが現行の最新Eye-fiにこの機能がついている製品は無い。
他のメーカーの製品にもこの機能がついている製品は無くどれも1回Iphoneなどのデバイスに保存された上でそこから手動でクラウドへという製品ばかり。まあ一般的には撮った写真を端末で確認して気に入った写真をクラウドへという流れが一般的なのだろうが。

正確に言うと最新のeye-fi mobi Proという製品なら直クラウドができるのだがそれはEye-Fiが提供する専用サーバを一度介さなくてはならず、その使用料が年間5000円かかる。Eye-Fi社もハード単体ではなくさらなる収益源としてクラウドサービスを強化ということか。うーん、時代の流れかもしれないがちょっと顧客無視な感じが否めない。

さてどうするかな。









にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
いつのまにか東京都写真美術館がリニューアルオープンしてた


東京都写真美術館がリニューアルオープン
エレベーターを2基に増設 初回展示は杉本博司氏と世界報道写真展(デジカメwatch)


2014年10月に拙ブログで「東京都写真美術館が休館してた話」(ソラリ)という記事を書いてたのだがその当時「リニューアルオープンは2年先か、なげーな、、、」と多少げんなりした記憶がある。

月日は流れ記憶からまったく忘れ去られていたのだが先日デジカメウオッチのサイトを見てたらふいに東京都写真美術館リニューアルオープンの記事が目についた。正直やっとかという感想(存在自体忘れてたし)

とはいえ都内にあれ以上の規模の写真美術館はないわけでリニューアルオープンは手放しで喜びたい。

とりあえず今回の自分的狙いめ展示はB1Fの世界報道写真展かな、時間つくって行かねば!

「東京都写真美術館」

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます