カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
<< デジカメのシャッターをiphoneから操作できるアダプター | main | チイサイカメラニハチイサイレンズガヨクニアウ >>
スナップショットとビューファインダー


外付けビューファインダー

買っては見たものの実際に撮れる絵とズレがあるとか色々言われ、結局「格好だけです」という意見をよく聞く。

だがちょっと待って欲しい

誤解を恐れず言うなら、それは「写真を撮る時の意識」に問題がある。


写真を撮るのに慣れてきたらまず気にするのは「構図」だと思う。そして写真を撮る時に「どう切り取るか」つまりは画面のはじっこに気を取られすぎていないだろうか。
それでは写真ではなくただの安っぽい「絵画」と同じだ。もちろん構図も大事だがもっと大事なものは「何を撮りたいか」ということだ。

何を撮りたいかがはっきりしていればファインダーを覗いてはじっこに意識をやるなどということはあり得ない。撮りたいモノをただ見つめるだけだ。

そのために使うビューファインダーは理想的な道具だ。

曰く、液晶で見なければ光の具合がわからない、フレアや色かぶりの様子も確認したい等々。それでは休日に公園で絵を書いている有閑老人と同じだ、すべて自分でコントロールしなければ気が済まない。
絵画と写真の違いの一つに「偶然の妙」がある。その妙を楽しめるようになってはじめてカメラを楽しめる人になれるのではないだろうか。



どう切り取るかではなく「何を撮りたいか」そこに意識を持って行くだけであなたの写真はワンランクアップするはずだ。


…とはいえもちろん「仕事」で写真を撮るときは「偶然の妙」を楽しむ余裕など無いのでキッチリとフレーミングしますが(笑

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
COMMENT









Trackback URL
http://d-fractal.jugem.jp/trackback/164
TRACKBACK