カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
<< さらばクラウド難民ー使える写真保存クラウドサービスは? | main | 2014 International CESのNikonブースでD4sとD3300発表 >>
夜スナップの勧め


スナップは昼にするものだ。と、思われていたが最近のカメラの高感度特性がアップしてきた昨今。夜にスナップすることだってそう難しいものではない。

とはいえ、夜中にデカい一眼レフを持ち歩くのはいろんな意味で危険が伴う。。かもしれない。

そこでコンパクトカメラ、もしくはミラーレス一眼の登場な訳だが今までだと撮像素子の大きさと暗所性能は比例すると言われていたので、コンパクトカメラは夜に弱いと言われていた。

それが最近冒頭に書いたようにコンパクトカメラでも平気でISO1600以上が実用画質になるカメラが増えてきた。

実に楽しい。

夜は人が素の姿を曝す時間、スナップシューターには魅力的な時間だ。街の姿も昼間とはがらりと趣を変え、ただの煤けた街も光の衣をまとい妖艶な姿に変わる。


実際の撮影だがISO感度はシャッタースピードと絞りで相談だ、シャッタースピードはストリートスナップだからしっかり構えている余裕はないのでできれば1/60以上は確保したい。絞りは置きピンで速写性を確保するならF5くらいには絞り込みたい。とはいえAF撮影だと暗さでAFが迷うかもしれないので広角+置きピンでの撮影をお勧めする。
ちなみに自分はsスピードと絞りはマニュアルで固定してISO感度を適宜変更もしくはオートという設定で撮影することが多い。
適正露出と言っても夜は輝度差が大きい対象が多いので何をもって適正露出とするかは撮影者次第だろう。つまり適当でいいということだ(笑

あと大事なのが(A)(S)(P)などのオートで撮るなら露出補正だ。補正をせずに撮ると夜なのに妙に明るい上にノイズでガサガサの絵になってしまうので、見たままの感じになるまでマイナス補正をかけよう。

参考までにTOP写真のデータは

カメラ:Fuji X-E1
レンズ:フォクトレンダーカラスコ25mm
S:1/60
F:5.6
ISO:4000(オート)




にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK