カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スナップショットとペンタックスリコー、そしてX-E1 | main | 買取りアローカメラの「カメラ提供意思表示カード」 >>
カメラのレンズキャップ、する派?しない派?


このあいだアシスタントに突っ込まれた「マエダさんってレンズキャップ使わないですよね」


そう私はレンズキャップ使わない派だ。

何故かというとレンズの前玉なんか傷がつこうがホコリがつこうが写りにそう影響あるものじゃないからだ。それにガラスの硬度は鉄より硬いのでレンズに傷を付けられるものなんかそうそうある訳じゃない。

大体レンズに傷がついたりホコリがついただけで写りに影響があるなら、レンズのど真ん中にミラーがあるミラーレンズなんかどうする。レンズに傷やホコリがついても極論すれば写りに影響なんか無いのだ。

マニヤなひとは「レンズが傷つかなくてもコーティングが駄目になるだろう」というだろうが、昨今のコーティングはそんなにやわじゃないだろうしそれにコーティングがはがれたと言っても逆光時に多少ゴーストが増えるぐらいだ、増えたとしてもその差は顕微鏡的差異、無問題。


そんなわけでレンズキャップはする習慣が無い。


とはいえ撮影の気分を盛り上げるためにたまにレンズの掃除をしたりするが、ほんとにたまになので12年前に買ったFujiのレンズクリーナー液がいまだに半分以上残っているというこの体たらく(笑

しかしウチのレンズにはカビ一つ生えていないし前玉に傷のあるレンズも一つもない。

これでいいのだ。(多分)


にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
COMMENT









Trackback URL
http://d-fractal.jugem.jp/trackback/287
TRACKBACK