カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
<< ようやくかい!【CP+】ケンコー・トキナー、大口径標準ズーム「24-70mm F2.8」を展示 | main | 12万9600円なのに発売前に売り切れ御免『LUMIX CM1』? >>
東京のへそ杉並大宮八幡宮の御神水とやらを飲んでみた


昨日だが大宮八幡宮にある(元)湧水のわきでる多摩清水社というのを発見した。

この神社近所なので30年以上散歩やらなにやらで色々お世話になっていたのだが迂闊にも御神水があるのは知らなかった。ネットで調べてみるとどうやらいわゆるパワースポット好きの皆様には周知の事実の様で拙僧やや恥じ入る次第。

じつは 5年くらい前に何かの本で「大宮八幡に御神水あり」という記事を読み神社の御神水というと当然湧水に違いないと思い湧水ハンター(謎)の自分としてはチェックせねばなるまいと行ってみた経緯があるのだが実はその時には発見することができず神社内にある休息所で休んでいた時「宝水」というありがたそうなペットボトル入りの水が売っていたのでもしかするとこれか?と思いそれを買ってみた。

「ほほうこれが御神水か、湧水場所が見つけられなかったが一般には公開してないのかな?」

とうそぶきペットの裏を見て採水地を見るとそこには「鹿児島垂水」の文字が(笑)なんやねんこれ!と関西弁入りながら心の中で毒づいてみたがまあこんなもんかなと思い帰った記憶がある。


思い出話はこのへんで、肝心の場所だが大門をくぐる前に手水舎があるのだがその右手に小さな石の鳥居がありそこをくぐったところにあった。

小さな社とその下にしつらえた竜吐水口、そしてその横になぜか水栓。説明板を読んでみるともうずいぶん昔に周辺の宅地化で枯れてしまったらしく今はその場所に井戸を打ち抜いて水を出している。まあ当然と言えば当然かなと思い蛇口をひねり水を出し手にすくいひとくち飲んだ、雑味の無い善福寺水系らしい味だ。都内で唯一井戸水を浄水して井荻近辺に水道水として配水している善福寺池の南側池畔にある東京都水道局杉並浄水所というのがありそこの水は旨い事で定評があるのだが基本的にそれと同じと考えると旨さも納得だ、もちろんこちらには塩素も入れてないのでさらにおいしい。

ただしここの水、あまり大量に採水すると枯渇の危険もあるらしくひとりペット3本までとなっている。ポリタンクで採水する強者もいるようだが都内で浅井戸といえば結構貴重なのでそういう行為は慎んでもらいたいものである。


あと説教臭いが神社からものをもらうときはお賽銭でお返ししましょう。水はタダだと思って持って帰る人もいるでしょうが仮にも御神水です、お賽銭としてお礼するのがよろしいかと。

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
COMMENT









Trackback URL
http://d-fractal.jugem.jp/trackback/348
TRACKBACK