カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
<< サイバーショット RX1R の新型出た、サイバーショット RX1R 「II」 | main | ソニー、ベータビデオカセットを2016年3月で出荷終了って今まで作ってたんかい! >>
秋のスイカと因島


因島秋スイカ最終売りつくし!(因島産直センターうまや)

「秋スイカ」なるものが因島で開発されていたとは、いつも夏にしか島へは帰ってなかったので今の今まで全く知らなかった。スイカ好きの拙僧としてはぜひ食べてみたいにだがこれは届けてもらえるのだろうか。

実は幼少の頃に食べた島産のスイカといえばあまりおいしかったという記憶が無い。これはうまい!と思えるスイカに出会ったのは東京に出てきて鹿児島産のスイカを初めて食べた18才の夏の日のこと、それ以来スイカと言えば鹿児島産の5月位から出回る一番生りのスイカをありがたがって食べてきた。(スイカは一般的にその年の最初にできたものが一番甘いと言われそのあと同じ蔓に生る2番3番ものはどんどん味が落ちていくとされる)調べてみるとスイカの生育条件として、日照時間が長く夜は涼しい、水はけの良い砂地や栄養がある火山灰地質の土地が良いとされていて島だと日照時間と水はけはクリアしているが「栄養がある」火山灰の土地という条件が決定的に欠けている。鹿児島は全ての条件をクリアしているのでおいしさに納得したものだ。

しかし現在は土壌の改善などカガクのチカラを使えばそう難しいことではないように思う(金銭的な話はさておき)ので日照時間と砂地で水はけがよいという条件をクリアしている島の土地では栄養さえ適切に与えればいいスイカができそうな気は確かにする。

うーんスイカマニアとしてはぜひ食べてみたいがやはり行くしか無いのか?因島へ。
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
秋スイカを取り上げていただいて
ありがとうございます。
残り少しですが
入用なら発送出来ますよ。
うまや | 2015/11/09 18:19
早速のコメントありがとうございます。

さっき弓削島の知人と連絡がつき代わりに買っておいてくれる旨の連絡がありました。

お気遣いいただきありがとうございました。
ケビン前田 | 2015/11/10 01:51
COMMENT









Trackback URL
http://d-fractal.jugem.jp/trackback/394
TRACKBACK