カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
<< 元バー経営者が教える「よいバーの選び方」 | main | まだまだ現役?Fuji X-E1。今更ながらX-E1とX-E2を比べてみた。 >>
ソニー、像面位相差AF対応の1型コンパクト「RX100 V」を21日に発売、っていうか「像面位相差」って何?


ソニー、像面位相差AF対応の1型コンパクト「RX100 V」を10月21日に発売(デジカメWatch)

RX100もとうとう5、熟成度上がってきたんでしょうね。

ところで表題の「像面位相差AF」、以前まではRX100ってコンデジらしくコントラストAFだった。

まあ何がどう違うか機構的なことを説明すると長いので機能的なことだけ簡単に説明するため表を作ってみた。


とまあこんな感じ。

実は今回のRX100 Vは像面位相差AFになったというかコントラストAFに像面位相差AFをプラスしたというところか、ソニーでは「ファストハイブリッドAF」と言っている。

これによりコントラストAFの弱点である速度の向上を図りなおかつ像面位相差AFだけではなしえなかった広範囲のAFポイントいう点を実現させたというわけだ。

このあいだのα99mark2発表といい攻めてるね、ソニー。

ところで初代RX100ならこの値段、
今が買い時?



にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
COMMENT









Trackback URL
http://d-fractal.jugem.jp/trackback/473
TRACKBACK