カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
<< 知らない間に撮影ボックスが超進化、今はLED照明付きが普通なのか。 | main | 明治「R−1ヨーグルト」ステマ問題勃発? >>
いい写真はどうすれば撮れるのか[ポートレート、ストックフォト編】


「最近いい一眼も買って明るいレンズも手に入れた、撮影会やセミナーにも行ったりしたけどいまひとついい写真が撮れない。」

いわゆる「いいポートレート」を撮るために必要な事は色々あります。

カメラ?モデル?ライティング?構図?テクニック?どれも大事だがこれには厳然たる優先順がある。

ポートレート写真を撮る場合に一番重要なのは「モデル」(被写体)だ。これはいかなる場合でも揺らがない。

「いいモデル見つけるのが重要ってそれあたりまえ!」と今あなた憤っていらっしゃるかと思いますがちょっと違う。いいモデルを手配するということではなく(まあそれも重要だが)モデルの「いい表情」を引き出してあげる、ということが重要なのだ。

カメラの設定や構図を気にする前にモデルとコミュニケーションをとっていい表情を引き出す。

そしてその次に重要なのは光を操るまたは光を読むという事。

カメラや技術はカメラの性能が上がった今、はっきり言って優先順位は最下位。特にカメラ、極論すればカメラなんて何でもいいくらいだ。

つまり

モデル(表情)>光>技術>>>>>>カメラ


何百万もする機材で撮った死んだ表情のモデルより、父がコンデジで撮った娘の写真のほうが心を揺さぶるのだ。


さてそこでウチでモデル撮影する場合だが一人につきだいたい1000枚近く撮る。しかし素人さんや駆け出しのモデルの場合最初の数百枚は捨てカットにする、表情が固くて使い物にならない。とにかく撮り始めはモデルがリラックスするようにポージングの指示は簡単に、そして絶対にダメ出しをしない、ひたすらほめまくり写真の出来は気にしない。

そうして30分くらい撮ってくるとモデルもリラックスしてきていい表情が出てくる。

ここからが本番

こちらが撮りたい写真のポージングや表情の指示を出していくがその場合でもダメ出しはしない。「さっきのポーズよかった!あともうちょっと手を内側に向けたカットもお願い」というぐあいに誘導する。
いやもうこれでもか!っていうくらいほめ殺すことが重要。

けっこう疲れるがコレ大事、お互いいい雰囲気で撮影終えたいしね。


ただしモデルがプロの場合そんな気遣いは無用、ビジネスライクな感じでどんどん進めて無問題。スタジオに来たときやる気なさそうでも撮影になると瞬時に変容、こちらもかなり楽。これなんかは上の言葉そのまま「いいモデル」ってことだ。

まあでもお互い楽しくやりたいのであまりキツい指示は出さないが。逆にキツい指示を出さないとダメなようなプロのモデルは余計なお世話だがモデルとしての技術に問題があるんじゃないかと思う。


以下思い出話。

以前モデル上がりの某芸能人を雑誌の取材で撮影したとき撮影場所に現れた彼女はテレビなんかで見るのとは大違いな暗ーい表情の上にまったくやる気がなさそうだった。正直今日はこれで撮影になるのか?と思ったがセッティングしてこちらが「撮影入ります」と言ったとたんもう凄い笑顔(笑)それも作り笑いじゃなく非常に自然な雑誌用の笑顔。

こちらもモデルの豹変には慣れてるがさすが元Aクラスのモデルは違うわと思った。

撮影後?もちろん撮影が終わると彼女元の仏頂面に戻り挨拶もなしに帰りましたよ、はい。








にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
COMMENT









Trackback URL
http://d-fractal.jugem.jp/trackback/506
TRACKBACK