カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
<< 【今日の一杯】ギムレットには早すぎる | main | 話題のソニーα9と、α7R II の大きさ比較画像出た! >>
FUJI ハイブリッドインスタントカメラSQ10正式発売、で構造について本社に電凸してみた


ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10新発売(FUJI FILMニュースリリース)


以下一部引用

”SQ10は、「手軽にクリエイティブにインスタント写真を楽しむ」をコンセプトに企画、開発した製品です。
「撮ったその場で写真が得られる」、「独特なプリントの風合い」、「シンプルな操作性」というこれまでのinstaxシリーズの特長を受け継ぎながら、デジタルイメージング技術を搭載したことで「暗い場所や近距離といった難しい環境下でも上手に写真が撮りたい」、「色味や表現にもう少しこだわりたい」というユーザーニーズに応えることが可能になりました。
さらに、このSQ10の魅力を最大限に発揮するため、フィルムには若い世代から写真愛好家まで幅広い層に親しまれているスクエアフォーマット「instax SQUARE Film」を採用。1対1のアスペクト比を活かせる構図の検討から、感性の赴くままに編集・加工機能を駆使して「作品」を作りこむ過程は、ハイブリッドインスタントカメラであるSQ10ならではの撮影体験です。
今回発売するSQ10の主な特長は以下の3点です。
(1) 写真画質の大幅な向上により、シーンを選ばず日常的に使えるインスタントカメラ
instaxシリーズに初めてデジタルイメージセンサーなどを搭載。自動露出調整、人物検出、オートフォーカスといった新機能を備え、室内などの暗い場所や逆光下、10cmまでの近距離撮影でも簡単にイメージ通りの写真が撮影できます。
(2) 多彩な画像編集・加工機能を搭載。簡単操作で、オリジナルな写真表現が可能
10種類のフィルター、画像の周辺部分の光量を19段階に調整できるビネット、そして19段階の明るさ調整という3つの主要機能を、組み合わせることでさまざまな写真表現が可能です。使用する機能をあらかじめ設定して撮影することや、撮影後に画像を編集・加工することもできます。
(3) 使いやすさに徹底的にこだわったデザイン
編集、加工、プリントの操作ボタン・ダイヤルをカメラ背面の1か所に集約し、操作状況をLCDモニターと連動させることでシンプルで直感的な操作性を実現しました。”


引用以上

で、要するにこれはデジカメな訳で、おまけに使うフィルムは新フィルムのようなのでこのフィルムは以前からある現像液内蔵のアナログタイプじゃなくZINKペーパーのようなインクタイプかと思った。


しかし気になったのでフジお客様センターに電凸してみたら

なんと!

このSQ10用に作られた「instax SQUARE Film」は以前からあるインスタントフィルムと同じ現像液タイプなのだそうな。

さらにどういう構造になってるのか聞いてみると、すでにある製品 “スマホdeチェキ"と同じでインスタントフィルムの上に直接レーザー露光してるらしい。

ああ、なるほどね。「デジカメ」と「スマホでチェキ」を合体させたわけだ。

そう考えるとテクノロジー的にはたいした事無いような気もするが、合体させてあの大きさはなかなか凄い。それになんといってもこのプロダクトの目玉はスクエアフォーマットフィルムの復活でしょう、やっぱり。

生産が絶えて久しいポラロイドのスクエアフィルム。そのスクエアフォーマットがFujiの手で復活して再び安定供給されるという事がインスタントフィルム好きとしてはたまらない。(ポラロイド社のカメラにこのフィルムが使えるとは思えないが)

逆になぜ今までFujiがスクエアフォーマットを作ってなかったのか?パテントの問題だったのか?


あと電凸ついでにオペレーターのお姉さんに「instax SQUARE Film」を使える新しいインスタントカメラ開発の予定は無いのか?と聞いて見たが、「そういった情報は入っておりません」とにべもない返事。そりゃそうだ、あっても教えるわけないか(笑

しかしこのスクエアフォーマットフィルムを使って、サードパーティーから色んなインスタントカメラが出そうな予感がするぞ。


にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
COMMENT









Trackback URL
http://d-fractal.jugem.jp/trackback/552
TRACKBACK