カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
<< リコーカメラ事業縮小の原因はこれか!【コピー機が売れない! 名門「リコー」の袋小路】 | main | Nikonがカメラ1日無料貸し出しサービス開始 >>
デジタルライカは何故ライカMレンズを活かす事ができるのか


ライカM10で蘇るオールドライカレンズ達-ルックスだけではない、ベストフィットの理由(デジカメWatch)

以下一部引用

”一眼レフカメラに比べてフランジバックが短いミラーレスカメラが各社から登場したことで、マウントアダプターさえ用意すればオールドライカレンズを各社のミラーレス機で楽しむことがすっかり一般化してきたわけだが、それらは単に「ライカレンズを取り付けて写せる」という話であり、ライカレンズの持つ個性や素性が必ずしも画像に正しく反映されているとは言い切れない。なぜなら古いライカレンズは、当然だがフィルムで使われることを前提に設計されており、そうした設計のレンズをデジタルで使っても、イメージセンサーへの光線の入射角度やもろもろの問題のために、フィルムで使ったときとはまた別の結果になるからだ。

ところがライカの場合は、初代デジタル機のライカM8からイメージセンサーの受光特性を可能な限りフィルムに近づけることに心血を注いでいて、その「フィッティング具合」はライカM8→ライカM9→ライカM(Typ240)と代を追うごとに進化。最新のライカM10ではかなりのレベルに達しているのだ。もちろん、それでもフィルムの特性と完全に一致するわけではないが、他のミラーレス機と比べ、もっともライカMレンズの素性を正確に再現できるデジタルカメラなのは間違いない。”


引用以上

いや、あれだ。デジタルになってよくいわれる撮像素子への入射角問題。

これ結構深刻なんだよね。ウチのNikonなんかでもオールドニッコールを付けて撮ると時々とんでもない仕上りになるレンズが結構ある。

まあ絞れば使えるか、などと思い絞ってみるがそれでもダメなレンズが出てくる。

自分の印象では標準〜広角系のレンズにそういう傾向が多いような気がする。


これじゃあオールドレンズも使えるNikon Fマウントのうまみが無いんだよね、だから最近はレンズ資産がどうのとかあまり考えなくなった。


それがLeicaはデジタル黎明期からこの問題に取り組んでいたと聞く。

なんというか、この辺にジャーマン魂というか「文化」としてのカメラに向き合ってきた歴史みたいなものを感じかなわないなぁ、と思うね、やっぱり。


にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
COMMENT









Trackback URL
http://d-fractal.jugem.jp/trackback/555
TRACKBACK