カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
<< 薫製専門店でオリーブ(実)の薫製を食べた話【今日の一杯】 | main | 【今日の一杯】たまには酔いたい夜もある【カスクストレングス】 >>
ありそうで無かった?「写ルンです」専用本革ケース


まさかの「写ルンです」専用レザーケース(デジカメWatch)

以下記事一部引用

”株式会社アドリーブは、富士フイルム「写ルンです」専用のレザーケースを6月1日より販売開始する。店頭予想価格は、税込2,980円。販売は、同社が直営するネットショップ「ミーナ」および、全国のヨドバシカメラ、ビックカメラとAmazonで行われる。

カラーバリエーションは、ブラウン、キャメル、レッドの3色。革紐のストラップ(100cm)を付属する。

本製品は、女性用カメラ用品メーカーである同社が、昨今の「写ルンです」ブームを受けて開発・生産した「写ルンです」専用のレザーケース。

日本製の高級オイルレザーを使用しており、しっとりと手に馴染むようなソフトな風合いが特徴だという。”

一部引用以上


こういう商品、前にもあったような無かったような。。あったような気がするが、革のクオリティがここまで高い本気商品は初めてじゃないかな。


写ルンですは、カメラの特性(有効撮影距離や明るさ)を理解して使うとストリートスナップカメラとしては侮れない性能とポテンシャルがある。

一昔前の AFが迷うようなカメラと比べると、写ルンですのほうが一瞬のシャッターチャンスを狙うストリートスナップではいい写真が撮れたりする。

だが、写ルンですを裸で持ち歩くと、キッチュな外装も相まってやや照れる事もあったのは事実。

これは。。。買いかな?


にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
COMMENT









Trackback URL
http://d-fractal.jugem.jp/trackback/568
TRACKBACK