カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
<< 富士フイルムが、ニコンを救済するって?どうなるNikon | main | カメラを持つと、小指が余る? >>
行って見た。荒木経惟写真展「花遊園」


さて、この前から行かなければと思っていたこの写真展

今週は比較的仕事も暇なので今日行く事にした。

今日の東京は日差しが強く午前中に行きたかったのだが、仕事を一本やっつけてるうちに午後に。おかげで気温ピークの中新宿へ。

場所は高層ビル街ど真ん中にある三井ビル1F。
西口飲み屋街は自分なじみ深い(笑)が高層ビル方面は土地勘が無い。地下道から行ったら東京人のくせにちょっと迷ってしまった。

三井ビルの中に入るとおぉさすが巨大ビジネス複合ビル、意識高そうなスーツ姿のサラリーマンでいっぱいだ!自分のようなジーンズにTシャツはめっちゃ浮いてる(笑

まあ気にせずエプソンサイトを探す。探す事数分、結構奥にこじんまりとあった。思ったより小さい。

中に入るといきなり和風、おー荒木新境地?と思いまじまじと見る。今回のウリは和紙にインクジェットでプリントというところ。写真と言えばシルバーゼラチンプリント至高!という考えもあるが、あえて風合いがあるために写真再現には向かないとされる和紙を使った実験的展示。

カラー作品も良かったが、モノクロが秀逸だった。まるで水墨画のような仕上り。

荒木のモノクロ作品はヌメッとした生っぽさが特徴のひとつだが、それが和紙のざらっとした上に表現されるとまるで水墨画のような化学変化を起こしている、なかなか見応えがある。

ブースが狭く(12畳くらい?)すぐに見終わったが、荒木作品らしく作品の「圧」がすごく、満足できた。

とはいえしかし、荒木の写真展としてはやっぱり狭すぎないか?(笑

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
COMMENT









Trackback URL
http://d-fractal.jugem.jp/trackback/572
TRACKBACK