カメラマンの日常。
カメラのこととか青山のこと阿佐ヶ谷のこと、
たまに島の話。
火曜木曜土曜の隔日更新
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
<< 行って見た。荒木経惟写真展「花遊園」 | main | あまり大きな声では言えない、フジ「クラシッククローム」の秘密 >>
カメラを持つと、小指が余る?


最近カメラが小さくなってきた。

で、普通にホールドするとなんかこう薬指だか小指だかが違和感がある。まあ慣れればどうってことは無いのだが、こだわり派の方々はコレが許せないという輩が一定数いるらしい。

そんなわけで商品化されているのが「小指グリップ」

どんなものかというとカメラ下部のネジ穴を使いカメラの高さを高くするパーツだ。

確かにコレを使うとホールドは違和感無くなるかもしれない。

だがしかしちょっと考えてみてほしい

「小さいカメラ」というのはそれだけで大きいカメラに比べて機動性のアドバンテージをもつ。それをわざわざ後付けパーツによって躯体を大きくするというのは言ってしまえば小さいカメラとしてのレーゾンデトールさえも脅かしかねない愚行では無いだろうか。


いや、最近カメラの批評で「小指が。。」と言ってる評論家(?)が多いのでちょっと気になった。


まあどうでもいい話なんですがね(笑

にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ ☜クリックしてやると喜びます
COMMENT









Trackback URL
http://d-fractal.jugem.jp/trackback/573
TRACKBACK